手の甲にシワやシミを作らせない!

手の甲にできるシワやシミは最も年齢を感じさせてしまう要因ではないでしょうか。
手は何も覆うものがありませんし、よく使うパーツでもあるので一番早くにそういった老化現象が現われてしまうのです。
とは言っても、女性なら誰しもがシワやシミがない綺麗な手を保ち続けたいですよね。

 

ここでは、既に現われたシワやシミの改善策およびこれ以上シワやシミができないように防止策をまとめました。
是非参考にしてください!
yattanem.gif

 

日焼け止め

なんと言ってもシワやシミの一番の敵は紫外線です。
顔には日焼け止めを塗っている人でも手にまで日焼け止めを塗っている人はそういないのではないでしょうか。
手は覆うものがなく素肌のまま外気に晒されています。
夏はもちろん冬にも日焼け止めを塗るように心がけましょう。
特に手は水で濡れることが多いパーツなので、水を使ったらその都度日焼け止めを塗りなおすように心がけたいですね。
どうしても無理な人はウォータープルーフの日焼け止めを使うことで少しは対処できますね。

 

手袋をはめる

夏の暑い時期はちょっと無理がありますが、秋から冬の寒い時期には手袋をはめることで乾燥対策ができます。
乾燥はシワを作る大きな要因の1つです。
冬は乾燥が厳しい季節です。
外出するときは手袋をはめることを習慣にすることで手の乾燥を防ぐことができます。

 

水仕事をする時にはゴム手袋をはめる

手を濡らすことはとっても手が乾燥してしまうのです。
食器用洗剤を使ったりするとなおさら手にダメージを与えることになります。
手モデルをしている人は一日中手袋をつけて生活しているそうです。
普通の人はそうはいかないので、せめて食器を洗ったりお風呂を掃除したりするときだけでもゴム手袋をはめるように心がけましょう。
ゴム手袋をはめずに作業をしてしまったときには、濡れた手をしっかりと抜くようにしましょう。
手が濡れたままの状態は手の水分が蒸発してしまうのでとっても乾燥するんです。

 

フェイシャルと同じケアをする

朝の洗顔後、入浴後、顔には必ず化粧水などでケアをしますよね。
それと同様のケアを手にもしましょう!
と言っても、手用に化粧水や乳液を買うのは経済的に痛いですよね。
そこで、顔に使った後の化粧水を含んだコットンや手の表面に残った乳液を手にお裾分けするんです。
手に必要な化粧水や乳液の量なんてしれています。
コットンがよほどカサカサでない限り、顔に使った後のコットンで事足りますよね。

 

ハンドクリームをフル活用する

シワやシミを防ぐために必要な事は、乾燥対策と紫外線対策です。
対紫外線には日焼け止めを、対乾燥にはハンドクリームです。
手の乾燥が気になるとき、手を酷使したときなど一日に何度でもハンドクリームを塗るようにしましょう。
ハンドクリームは、一時しのぎのものではなく、保湿効果が高いものを選びたいですよね。
夜寝るときには、ハンドクリームの上から就寝用の手袋をつけることで翌朝の手がかなり変わりますよ!

 

 

                mon_5302.jpg